日本内科学会生涯教育講演会2018@大阪中之島


この週末は良いお天気でしたね!


大阪中之島で日本内科学会生涯教育講演会に参加してきました。大阪人のわたしとしても、中之島から船場近辺は、中央公会堂などレトロな建築物が建ち並ぶエリアで、ぷらぷらと散歩するにはオススメです!ばったりと仲の良い後輩2人にも会えて楽しい1日でした!


さて、最近は麻疹の流行もあり、抗体価の検査を希望される患者様が増えました。特に出張で沖縄に行く予定の方とかは心配ですよね。


そこで、今回ワクチンの講演はとても勉強になりました。 大胆に言うと、ワクチン抗体価よりもワクチンを2回接種したという事実の方が大事である、ということでした。実際、CDC(アメリカ疾病管理予防センター)ではワクチン抗体価での判断はしないようです。また、麻疹に限らずワクチン抗体価は時間と共に低下しますが、2回接種していれば感染は防ぐことができているというデータがあるようです。ただ、日本のガイドラインとは少し異なるのでそのまま日常診療に当てはめることはできませんが、明日からの診療に役立てる内容でした。


インフルエンザワクチンの話も面白かったのですが、これはまたワクチン接種の話が出てくる秋頃にお伝えしますね。


全米オープンにサッカーワールドカップにと夜更かしが続きますが、皆さま寝不足にご注意下さい!


山本

最新記事

すべて表示